Official QNAPブログ

バックアップ/復元タスクを著しく加速するためにQuDedupとともにHBSを使用する方法

待望のHBS(Hybrid Backup Sync)3がようやくやってきました!今回、QuDedupという新機能を発表いたします。これは、バックアップ/復元タスクの実行に必要な伝送量とストレージ容量を大幅に低減させることができます。次に、HBSがデータの保護とバックアップ/復元ワークフローの加速に貢献する仕組みを見ていきましょう。

信頼できる障害復旧プランの構築

HBSでは、QNAP NASから複数のローカル、リモート、クラウドストレージ領域にデータをバックアップすることができます。複数のバージョンのバックアップにより、変更を簡単に追跡できるようになります。一般的に認識されている3-2-1バックアップ戦略を使用する際、HBSはデータの損失リスクを緩和するためにデータを保護します。

QuDedupでバックアップをさらに補強する

新しいQuDedup機能とは、QNAPが開発した重複排除テクノロジーです。伝送における繰り返しのデータを識別し、同様の転送をなくすことでバックアップ/復元の効率を向上するように設計されています。QuDedupを使用することで、同じブロックレベルのデータに対する転送を一度だけに抑えることができ、全体的な効率を向上します。

QuDedup:バックアップ時間とコストを節約

ソース側(お使いのQNAP NAS側)で全体的にデータサイズが削減され、必要な帯域幅とバックアップ時間も節約できます。QuDedupは、特定の期間内にバックアップできるバージョンを増大させると同時にRPO(回復ポイント目標)とRTO(回復時刻の目標)を低減させるのに役立ちます。仮想化ソリューションでラボテストした際には、QuDedupはバックアップサイズを75%削減させました。HBSデータ暗号化はQuDedupと使用できるため、データを安全に保つことができます。

HBS 3データテスト

改善されたHBS 3は、バックアップデータをソース側で重複排除するQuDedupテクノロジーを採用しています。これにより、マルチバージョンバックアップの効率性を向上しつつ、必要な帯域幅とバックアップ時間を大幅に低減されることができます。また、Windows、macOS、UbuntuユーザーはQuDedup抽出ツールをダウンロードすることで、重複排除したファイル(.qdff形式)を正常な状態に復元し、直接ファイルを表示することができます。今すぐHBS 3ベータテストに参加して、この素晴らしい新機能をお試しください!

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »