Official ニュースリリース

新しいQTS 4.3.4およびQIoT Suite Liteを搭載した安価なARMベースのQNAP NASでIoTアプリケーションを展開

台湾台北市2017年11月28日 –  QTS 4.3.4ベータのリリースを受けて、ARMベースのNASがスナップショットに対応し、ユーザーはQIoT Suite Liteを搭載したNASベースのIoTアプリケーションを展開できるようになりました。コスト効率に非常に優れたARMベースのNASはプライベートクラウドにおけるIoTアプリケーション開発の便利性をもたらすだけでなく、学生など予算を気にするユーザーが初めてのIoTプロジェクトを簡単に作成できます。

QTS 4.3.4に更新することで、TS-x31X、TS-x31P、TS-x31P2、TS-x31+、およびTS-1635は、QNAPの革新的なQIoT Suite Liteに対応することができます(NASには最低2GBのメモリが必要です)。ユーザーは、さまざまなIoTデバイスをNASに統合でき、QIoT Suite LiteでIoTアプリケーションの開発、展開、およびホストを素早く行うことができます。すべてのデータは、さらなる分析および処理を行うためにフィルタ処理して、パブリッククラウドサービスにエクスポートする前に低コストのNASプライベートクラウドに保存できます。QIoT Suite Liteを搭載したQNAP ARMベースのNASは、ユーザーがIoT開発を簡単に始めることのできる優れた柔軟性およびコスト効率を提供しています。

QIoT Suite Liteは、柔軟なアーキテクチャを特徴とし、複数のサードパーティサービスを統合しています。たとえば、Arduino Yun、Raspberry Pi®、Intel® Edison、およびMTK LinkIt™ Smart 7688(Duo)などを含む開発ボードおよびスターターキットをサポートしています。また、APIから共有して、さらなるデータ分析および管理を行うために、Microsoft® Power BIなどのその他のダッシュボードに、QNAP NASに保存されている収集データをプッシュします。特定のQNAP NASモデルは、AWS Greengrassをサポートしており、Amazon®クラウドコンピューティングを利用します。プライベートおよびパブリッククラウドのメリットを備えたQIoT Suite Liteを使用することで、IoTアプリケーションに優れた柔軟性が確立あれます。また、非常に安価で、さまざまなIoT使用事例に取り組むことにおいて、システム統合を支援します。

QIoT Suite Liteのプレゼンテーションビデオを見る

QIoT & Suite Lite play

この記事のオリジナルは、こちらからアクセスできます。

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »