Official ニュース

QNAP、Zabbixサポートを追加複数のデバイスが利用できる、集中ネットワーク管理プラットフォームにNASを変身させる

台湾台北市2020年5月7日 – 業界をリードするコンピューティング、ネットワーキングストレージソリューションイノベーターのQNAP® Systems, Inc. (QNAP)は、エンタープライズクラスのネットワークモニタリングソフトウェアZabbixのサポートを追加しました。Zabbixは、システムインテグレーターやITプロフェッショナルが集中ネットワーク管理プラットフォームとしてQNAP NASを簡単に利用でき、リアルタイムで複数のエッジデバイスを制御できます。管理者は複数のNASでZabbixを展開することで、中規模から大規模ネットワークでDistributed Network Architectureを有効化したり、ネットワーク管理効率とセキュリティを向上する高可用性に専念できます。

SNMPコンプライアンスとWeb GUIにより、Zabbixを利用することでユーザーは、ダッシュボードと分析レポートから接続しているすべてのSNMPコンプライアントサーバー/デバイスをネットワークサービスとCPU使用率、ネットワーク使用率、メモリ、ストレージ容量を監視できます。デフォルトのエラーが発生すると(たとえば、ネットワークサーバーが落ちた場合など)、管理者は電子メールおよびSMSから即座に通知を受けることができ、リアルタイムネットワークコントロールと効率的なトラブルシューティングを実現できます。

QNAPのプロダクトマネージャーのFrank Liao氏は以下のように述べています。「従来型のエンタープライズネットワークでは、さまざまなブランドの複数のスイッチ、ルーター、ファイアウォール、サーバーを使用していることから、管理やメンテナンスの問題が発生することがあります」。「Zabbixを利用することで、QNAP NASは、コスト効率の良い集中化ネットーワク管理ソリューションを提供するためにすべてのネットワークデバイスを監視するサーバーとしてすぐに機能できます」。

QNAP NASとQGDスイッチは現在、Virtualization Station VMマーケットプレイスからのZabbixのインストールに対応しています。複数のNASにZabbixを展開すると、中規模から大規模ネットワークのパフォーマンスが向上するだけでなく、Zabbix Serverが切断されたときでも監視が中断されないようにする高可用性を採用することができます。また、Zabbixは、より柔軟かつ包括的な集中ネットワーク管理ソリューションを確立するためのQuCPE Serverおよびその他QNAPクラウドサービスアプリケーションにも利用できます。

Zabbix video

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments