Official ハードウェア

QNAP、10GbE SFP+および2.5GbEポート付きクアッドコアNAS高速TS-431X3を発表

台湾台北市2020年7月31日– コンピューターネットワークおよびストレージソリューションのイノベーターであるQNAP® Systems, Incは本日、クアッドコ1.7 GHz TS-431X3 NASを発表しました。TS-431X3は10GbE SFP+と2.5GbE RJ45接続を採用しており、企業はデータバックアップ、復元、仮想ストレージニーズを満たす高速ネットワーク環境を展開することができます。

TS-431X3はクアッドコア1.7 GHzプロセッサ、4GB RAM(最大8GBまでアップグレード可能)を搭載し、10GbE SFP+ポートを採用して、インテンシブなデータ伝送を可能にする広帯域幅を提供します。QNAP QSWシリーズスイッチ と組み合わせることで、ユーザーは10GbEネットワーク環境を構築して、より高速な転送とコンテナーアプリケーションの展開を行うことができます。また、TS-431X3は、低レイテンシーなファイル共有およびチームコラボレーションのための2.5GbEポートも採用しています。TS-431X3は工具不要でロック可能なドライブベイが付属しいます。このため、ドライブの取り付けが簡単で、ドライブを安全かつセキュアに保つことができます。

「TS-431X3は10GbE SFP+と2.5GbE RJ45接続の両方を提供しています。このため、ストレージ使用を最大化し、より高速なバックアップ/障害復旧を行うためにネットワークリソースを柔軟に割り当てることができます。最大8GBのメモリまで対応していることで、ユーザーは幅広いアプリをTS-431X3で実行できます。これにより、企業IT環境にとってコスト効率の良いソリューションを確立することができます」と、QNAPプロダクトマネージャーJason Hsu氏は話しています。

TS-431X3はスナップショットテクノロジーに対応しており、HBSアプリでローカル、オフサイト、クラウドストレージへのバックアップが可能になっています。このため、ユーザーは万能な障害復旧プランを構築することができます。通知センターでは、管理者はシステムとアプリ環境通知を単一アプリから集中的に管理し、監視できます。さらに、セキュリティカウンセラーはNASセキュリティを向上するためのアクションと設定を推奨します。

TS-431X3に含まれるもの:Surveillance Stationでは、セキュアな監視システムを構築できます。QsyncはNAS、モバイルデバイス、コンピューター間でファイルを自動的に同期します。QmailAgentにより、複数の電子メールアカウントの集中管理が可能になります。Qfilingでは、ファイル管理を自動化します。Qsirchは必要なファイルをすばやく見つけ出します。ユーザーはコンパニオンモバイルアプリをダウンロードすることで、作業効率を向上するためにNASにリモートアクセスできます。

主な仕様

TS-431X3タワーモデル。4ベイ、AnnapurnaLabs AL-314クアッドコア1.7 GHzプロセッサ、4GB RAM(シングルメモリスロット、最大8GBまで拡張可能)、ホットスワップ可能3.5インチSATA 6Gbpsベイ、1 x 10GbE SFP+ポート、1 x 2.5GbEポート、1 x GbE RJ45ポート、3 x USB 3.2 Gen 1(5Gbps)ポート。

TS-431X3 NAS は現在発売中です。詳細情報や完全な QNAP NAS のラインアップを確認するには、www.qnap.comまでアクセスしてください。

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments