Official ハードウェア

QNAPは、仮想マシンの稼働およびQtierに対応する、M.2 SSDキャッシュ/Edge TPU装備の高性能 3ベイ RAID 5 2.5GbE NASをリリース

台北(台湾)、2021年12月7日- コンピューティング、ネットワーク、ストレージソリューション分野の新鋭企業であるQNAP® Systems, Inc. は本日、ホーム/オフィス環境で最適なパフォーマンスを提供する、M.2 PCIe Gen3 NVMe SSDスロットおよび2.5GbE接続性能を備えた3ベイ RAID 5 2.5GbE TS-364 NASをリリースいたしました。軽量の仮想化/コンテナおよびHDMI出力に対応するTS-364は、より高い生産性、また制約のないエンターテイメントを実現させる幅広いNASアプリケーションを備えた、集中型ストレージ、バックアップ、ファイル共有、マルチメディアソリューションを提供します。

新製品のTS-364 NASは、3台のディスクによる安全なRAID 5アレイの構築が可能で、最適なストレージ容量とキャッシュパフォーマンス、および1台のディスク故障に対する保護を実現します。TS-364はM.2 PCIe Gen 3スロットを装備しており、キャッシュアクセラレーションまたはSSDストレージプールによるパフォーマンス向上、またはEdge TPUによるAI画像認識を実現します。装備している2.5GbEポートによりネットワーク転送を高速化し、またUSB 3.2 Gen2 (10Gbps) ポートにより大型メディアファイルを高速転送することができます。

TS-364は、Intel® AES-NI暗号化エンジンおよび4GB DDR4メモリ搭載のIntel® Celeron® N5105/ N5095クアッドコア 4スレッドプロセッサ (最大バースト2.9 GHz)を装備しています。TS-364はパフォーマンスを向上させるキャッシュアクセラレーションまたはQtier、さらにAI画像認識を行うEdge TPUに対応します。TS-364は1つの2.5GbEポート装備で次世代ネットワークに対応し、さらに1つのUSB 3.2 Gen 1 (5Gbps) および2つのUSB 3.2 Gen 2 (10Gbps) ポート装備で、ポータブルデバイスへの高速データ転送を提供します。TS-364は、TLおよびTRストレージ拡張エンクロージャを接続することで、ストレージ容量を拡張できます。

TS-364には最新のQTS 5.0オペレーティングシステムが付属しており、これには以下の広範なNAS ホーム/ビジネスアプリケーションも含まれます。File Stationは、ウェブブラウザによってNASファイルアクセス、共有、管理を効率化します。Hybrid Backup SyncはNASファイルをクラウドまたは他のNASへバックアップを取ることで、3-2-1バックアップポリシーを実現します。Virtualization StationおよびContainer Stationは、軽量の仮想化アプリケーションを可能にします。QVR Eliteは先進のスマート監視システムの展開を支援します。また、KoiMeeterは、プラットフォームを超えた完璧なビデオ会議およびワイヤレスプレゼンテーションソリューションを提供します。また、ホームユーザーは幅広いマルチメディアアプリケーション (Plex®を含む)やストリーミング性能、マルチメディアをお好みのデバイスで鑑賞できる内蔵HDMIポートを活用できます。

主な仕様

TS-364: Intel® Celeron® N5105/N5095 クアッドコア (最大バースト2.9 GHz)、4 GB DDR4 デュアルチャンネルメモリ (最大16 GB対応)、2x M.2 2280 NVMe Gen3x2 SSDスロット、1x 2.5GbE RJ45ポート、1x HDMI 1.4b 4K出力、2x USB 3.2 Gen2ポート、1x USB 3.2 Gen1ポート

詳細やQNAP NASのフルラインアップをご覧になるには、www.qnap.comまでアクセスしてください。

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments