Official ソフトウェア

QNAPは、QuWAN vRouterをリリース、VMware ESXiプラットフォームおよび SD-WANへのサーバーに接続が可能

台北(台湾)、2021年4月13日 – コンピューティング、ネットワーク、ストレージソリューション分野の新鋭企業であるQNAP® Systems, Inc. は本日、VMware ESXiプラットフォームおよびサーバー対応のSD-WAN仮想ルーターQuWAN vRouterをリリースいたしました。サブスクリプション型のQuWAN vRouterは、無料の基本ソリューションからプレミアム高帯域ソリューションまで、ユーザーが自分に合った価格帯でSD-WANインフラにすぐにアップグレードできるよう、多くの層が用意されています。QuWAN vRouterは、QuWAN SD-WANの機能であるAuto Mesh IPsec VPNやWAN最適化に加えて、クラウドを介したゼロタッチプロビジョニングや仮想化プラットフォーム上のVMを介した集中マネジメントを提供し、企業の高効率でセキュアなマルチサイトIT導入・管理ソリューションの構築を大きく支援します。

「既存の仮想化プラットフォームやサーバーにQuWAN vRouterをインストールするだけで、企業はネットワークインフラを変更したり、追加のデバイスを購入したりすることなく、SD-WAN QuWAN vRouterのメリットを十分に活用することができます。また、QuWAN vRouterは、Joinキーによるオンライン展開とVMの中央管理を提供し、ITの展開と管理の効率を高めます」とQNAPのプロダクトマネージャーであるJudy Chen氏は語ります。

QuWAN SD-WANの機能であるAuto Mesh VPN、ファイアウォール、WAN最適化技術、クラウド管理に加えて、QuWAN vRouterはVMware ESXi仮想化プラットフォームとサーバーをサポートし、マルチサイトネットワークの展開と最適化を実現します。QuWAN vRouterは、ゼロタッチプロビジョニングを実現することで、企業が複数サイトでのITスタッフの必要性を最小限に抑えることができるように、オンライン展開プロセスを採用しています。本社のITスタッフは、QNAPソフトウェアストアでライセンスを購入し、これらのライセンスをディスパッチし、QuWAN OrchestratorでSD-WANを設定して、電子メールで支社スタッフにインストール用のJoinキーを送信することができます。また、QuWAN vRouterはVMware ESXiプラットフォーム上の仮想マシンのネットワークトラフィック分析と制御を可能にし、ネットワークとセキュリティリソースの割り当てを評価するのに役立ちます。

QuWAN vRouter Editionは、柔軟でお求めやすい価格の年間サブスクリプションを提供しています。これには、無料の基本的な15Mbpsソリューションと、年間7.99米ドルからの30Mbps~1Gbpsのプレミアムソリューションが含まれます。QuWAN vRouterは、サードパーティの仮想化プラットフォームやサーバーを、企業、組織、エンタープライズの様々なニーズに合わせた幅広いQNAP QuWANソリューションでSD-WANに接続することができます。

出荷時期

QuWAN vRouter Editionは、ライセンスベースのソフトウェアで、QNAP Software Storeより入手可能です。仮想サーバーやプラットフォームは、VMware ESXi v7.0対応である必要があります。製品の詳細情報およびQNAP NASのフルラインアップは、https://www.qnap.com/go/software/quwan-vrouter-edition/にアクセスしてご覧ください。

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments