Official ハードウェア

QNAPは過酷な産業環境における高速ネットワーク導入を目的とした産業クラスのフル10GbEスイッチ、QSW-IM1200-8Cをリリース

台北(台湾)、2021年10月13日 –コンピューティング、ネットワーク、ストレージソリューション分野の新鋭企業であるQNAP® Systems, Inc.(QNAP)は、本日QSW-IM1200-8C 産業クラスのフル10GbEスイッチをリリースいたしました。扱いやすいQSSオペレーティングシステムでのLayer 2管理機能、堅牢な産業クラスのハードウェア設計を備えたQSW-IM1200-8Cは、Industry 4.0、スマート輸送、スマートシティーの過酷な環境における高速ネットワーク展開を促進させます。

「スマート産業およびファクトリーオートメーションがさらに普及するのに対応し、QNAPはまったく新たな産業クラス10GbEマネージドスイッチソリューションを提供、過酷な環境でも扱いやすい高速ネットワーク展開を実現します。」と、QNAPプロダクトマネージャであるRicky Ho氏は語ります。

QSW-IM1200-8CはIP20規格に準拠、ファンレス設計と高性能換気構造により、通気のある環境では-30℃~65℃、密閉空間では -30℃~45℃という広範囲な温度での動作が可能です。3つの冗長型DC電源装置および回路ブレーカーを備えた電気回路により、潜在的な過電圧から保護され、一定の同じ動きが繰り返される工場、および電源品質が安定しない屋外環境における安定した動作を保証します。産業コンピューター (IPC) は、QNAP 10GbEネットワークアダプタ経由でQSW-IM1200-8Cに接続可能で、産業高速ネットワーク環境における仮想化、監視、3Dプリント、大容量ファイルデータ転送、その他帯域幅の必要なタスクにおけるパフォーマンスを向上させます。

QSW-IM1200-8Cには4つの10GbE SFP+ ファイバーポート、8つの10GbE SFP+/RJ45 コンボポートを装備、Multi-Gigabit NBASE-T テクノロジに準拠し、5つのネットワーク速度 (10Gbps、5Gbps、2.5Gbps、1Gbps、100Mbps)に対応、既設のCat 5eおよび6aケーブルを利用しつつ、ネットワーク速度の高速化を実現します。また、QSW-IM1200-8Cでは、ユーザーフレンドリーなWeb GUI経由でLayer 2管理機能(LACP、VLAN、ACL、LLDPなど)を利用でき、効率的なネットワーク帯域幅コントロールとセキュリティ向上に対応します。

主な仕様

  • QSW-IM1200-8C: 12ポート (4 SFP+ポートおよび8 SFP+/RJ45コンボポート)、IP20規格準拠。通気環境で-30℃~65℃、密閉環境で-30℃~45℃の温度に耐性。3つの冗長型9V-54V DC電源装置および回路ブレーカー装備、IEEE 802.3xおよびIEEE 802.3az準拠、オートネゴシエーション。10GbEおよびNBASE-Tテクノロジ互換で5つのネットワーク速度 (10Gbps、5Gbps、2.5Gbps、1Gbps、100Mbps) に対応

QNAP製品の詳細やフルラインナップは、www.qnap.com にアクセスしてご覧ください。

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments