Official ソフトウェア

QNAPはHybridMount 1.2をリリースしました。ユーザーはローカルにリモートサーバーフォルダーをマウントすることができ、ファイル共有が容易になります

台湾台北市2020年8月28日 – 業界をリードするコンピューティング、ネットワーキング、ストレージソリューションのイノベーターであるQNAP® Systems, Inc.は、本日、HybridMount 1.2 をリリースしました。これにより、ユーザーはリモートサーバーのフォルダーをローカルNASにマウントして、ローカル共有フォルダーとして使用できます。HybridMountにより、NASユーザーはローカルなアクセス権限に基づいてマウントされたリモートフォルダーにアクセスでき、マルチサイトの職場や国際企業にとって理想的なリモートファイル共有ソリューションとなっています。

「これまでは、HybridMountによりローカルNASにマウントされたリモートフォルダーには、マウントタスクを実行した人のみがアクセスできました。HybridMount 1.2以降では、IT担当者がローカルユーザーのためにマウントされたリモートフォルダーへのアクセス権限を設定できます。 これにより、組織全体がより大きくなったファイル共有の利便性とクラウドベースのファイルへの協調的なアクセスのメリットを活用できます」とQNAPのプロダクトマネージャであるJosh Chen氏は述べています。

IT担当者はHybridMount(SMBまたはNFSプロトコルを介して)を使用して、リモートサーバーのフォルダーをローカル共有フォルダーとして、ローカルNASにマウントできます。権限を持つローカルユーザーは、便利なリモートファイルアクセスや編集のために、ローカルNAS(SMB、AFPまたはNFSプロトコルを介して)に接続できます。

また、HybridMountにより、 クラウドストレージゲートウェイとしてNASやサーバーにパブリッククラウドストレージをマウントできます。さらに、ローカルキャッシングが有効になり、低レイテンシーのクラウドファイルアクセスが実現します。

HybridMountの詳細については、www.qnap.com/go/solution/hybridmountにアクセスしてください。

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments