Official ニュースリリース

QNAP、ホームユーザーとSOHOユーザー向けのコスト効率の良い10GbEスイッチであるQSW-308-1CとQSW-308Sを発表

台湾台北市2019年7月23日 – 業界をリードするコンピューティング、ネットワーク、ストレージソリューションイノベーターであるQNAP® Systems, Inc.(QNAP)は本日、QSW-308-1CとQSW-308Sをリリースしました。これらの8ポートギガビットアンマネージドスイッチは、3つの10GbE SFP+ポートを搭載し、ネットワークデバイスを接続するためのSFP+とRJ45ポートの両方に対応しています。新発売のQNAP QSW-308シリーズは、家庭やオフィス環境のさまざまな種類のハイブリッド10GbE/1GbEネットワークインフラストラクチャの要件を満たすコスト効率の良い10GbEソリューションを提供します。

QSW-308-1CとQSW-308Sには、3つの10GbE SFP+ポートと8つのギガビットポートが搭載されています。このため、ユーザーは高速ネットワークを最適化することができます。QSW-308-1Cには追加の10GbE SFP+/RJ45コンボポートが含まれています。これは、10GbEとNBASE-Tテクノロジーと互換性があり、5つのネットワーク速度(10Gbps、5 Gbps、2.5Gbps、1Gbps、100Mbps)に対応しています。SFP+/RJ45(銅線)コンボポートでは、ユーザーは既存のカテゴリー5eケーブルと6aケーブルを使用して高速ネットワーク速度を実現できます。

QNAPのプロダクトマネージャーのBoden Chen氏は「QNAP QSW-308スイッチシリーズは、ホームユーザーとSOHOユーザーに優れたコスト効率の10GbEソリューションを提供します」と述べています。また、「QNAP QSW-308スイッチシリーズは、SFP+とRJ45ポートの統合を採用しているため、ネットワークインフラストラクチャ導入要件を満たすことができます。QNAP 10GbE NAS、ネットワークアダプター、拡張カードと統合することで、デバイスは帯域幅を必要とするあらゆるタイプのタスクを強化し、生産性のネットワーク環境を向上するために10GbE対応ワークステーションやサーバーに簡単に接続できるようになります」と加えています。

デスクトップサイズでファンレスのQNAP QSW-308スイッチシリーズは、デジタルホームおよびオフィスのその他のデバイスに溶け込むようにデザインも優れています。また、シンプルなセットアップのために、速度を最適化する自動ネゴシエーション、およびデバイスが接続した際の全二重の検出にも対応しています。

主な仕様

  • QSW-308-1C:11ポート(3 10GbE SFP+ファイバーポート、1 SFP+/RJ45銅線コンボポート8つのギガビットRJ45ポート)
  • QSW-308S:11ポート(3 10GbE SFP+ファイバーポート、8つのギガビットRJ45ポート)

ファンレスデザイン; オートネゴシエーション; QSW-308-1Cは10GbEとNBASE-Tテクノロジーと互換性があり、5つのネットワーク速度(10Gbps、5Gbps、2.5Gbps、1Gbps、100Mbps)。

入手について

QSW-308-1CとQSW-308Sは現在、発売中です。詳細情報やすべてのQNAPスイッチ、NAS、その他製品ラインについては、www.qnap.com までアクセスしてください。

QSWシリーズ3ポート10G SFP+と8ポートギガビットアンマネージドスイッチ

 

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »