Official ニュースリリース

QNAP、革新的なAIによるドライブ正常性解析と故障予測サービスについてULINK社と連携

台湾台北市2019年5月29日 – 業界をリードするコンピューティング、ネットワーキング、ストレージソリューションプロバイダーであるQNAP® Systems, Inc.はITストレージインターフェイステストツールの提供における世界のリーダーULINK Technology Inc.(ULINK)と連携し、人工知能によるスマートドライブ正常性解析と故障予測サービスの共同提供を目指します。このサービスは、被害額の高いダウンタイムと業務の混乱を避けるために、潜在的なドライブの問題の早期前兆をQNAP NASユーザーに知らせることを目指しています。

オプションのライセンスを使用することで、QNAP NASはドライブの正常性情報を収集し、解析や故障予測を行うためにULINK社のデータベースに送信します。ユーザーは、ULINK社のWebサイトとQTS内の両方で結果の詳細を閲覧することができます。QNAPとULINK社はGDPRとCCPA規制に準拠しており、ユーザーのデータプライバシーと機密性を遵守します。サービス提供の詳細については別途発表されます。

ULINK社のCEO、Joseph Chen氏は「我々が提供するサービスにより、ドライブが使えなくなる前に保護のメカニズムをユーザーに提供できるようになるとよいと思います」と述べ、以下のように加えています。「我々が開発しているテクノロジーは、ストレージテスト業界の数年にわたる経験に基づいています」。

Y.T.Lee氏、QNAPの研究開発のVP:「ULINK社と連携することで、QNAPは真の意味でインテリジェントなディスク正常性解析と故障予測サービスを提供し、我々のユーザーが時間内に潜在的な問題を特定して防衛措置を取り、安心感を与えるようになります」。

QNAPはCOMPUTEX TAIPEI 2019のQNAPブース(J0830、TaiNEX 1)で、ULINK社とともにスマートAIによるのドライブ正常性解析と故障予測サービスを展示します。革新的かつインテリジェントなITオペレーション/管理シナリオを直接体験するためにも、弊社のブースへのぜひお立ち寄りください。

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »