Official ニュースリリース

QNAP、デュアルポート16Gb/32Gbファイバーチャネル拡張カードを発表

台湾台北市2019年10月31日 – 信頼性のある、低レイテンシーのファイバーチャネル(FC)SANの市場需要に応えるため、QNAP® Systems, Inc.は、QXP-16G2FC と QXP-32G2FC の2つの社内開発のファイバーチャネル拡張カードを発表しました。このデュアルポートFCカードはQXP-16G2FC と QXP-32G2FCで、高パフォーマンス、信頼性のある、安全で、エネルギー効率の良いFC接続を採用し、それぞれ16Gb FCおよび32Gb FC接続速度に対応しています。QNAP FCカードを搭載したQNAP NASは簡単に既存のFC SAN環境に追加でき、エンタープライズ級の安価な高パフォーマンスストレージおよびバックアップを利用できます。

QNAPのプロダクトマネージャーのJason Hsu氏は「FC SANは通常クローズドネットワーク環境において、導入への柔軟性を欠く高価なデバイスを必要とすることが多々あります」と述べています。そして、「ファイバーチャネルとQNAP NASプロトルコを統合することで、ユーザーはQNAP NASを既存のFC SAN環境にSANデバイスよりも安価に追加でき、金融サービス、データセンター、映画またはテレビ業界など、低レイテンシー、高可用性、高速データ転送を必要するアプリケーションを効率良く使うことができます」と加えています。

ユーザーはQNAP FC拡張カードをQNAP NASのPCIeスロットに取り付けて、QTS iSCSI &ファイバーチャネルアプリを使用してファイバーチャネルターゲットを設定できます。また、高度なLUNスナップショット保護、自動階層化(Qtier)、SSDキャッシュアクセラレーション、ハイブリッドクラウドバックアップソリューション(HBS)などを含め、ストレージアプリケーションの効率を向上するための機能を含め、QTSの豊富なビジネス機能を利用できます。このQNAP NASは、より良いコスト効率とアプリケーションの柔軟性を持つSAN、NAS、クラウドストレージ機能を提供する統合ストレージソリューションです。

QNAP FC拡張カードは、QTS 4.4.1(またはそれ以降)のオペレーティングシステムで稼働するビジネスクラスのQNAP NASに対応します。QNAPファイバーチャネルSANソリューションと互換性リストについての詳細は、https://www.qnap.com/go/solution/fibrechannel-san/ までアクセスしてください。

主な仕様

機種名 説明 PCIeインターフェイス ファイバーチャネル伝送率
QXP-16G2FC SFP+トランシーバー付きデュアルポート16Gb 強化された第5世代ファイバーチャネル拡張カード PCIe Gen3 x8 16Gbps、8Gbps、4Gbps
(ポートごとに最大14.03までの実伝送率)
QXP-32G2FC SFP+トランシーバー付きデュアルポート32Gb第6世代ファイバーチャネル拡張カード PCIe Gen3 x8 32Gbps、16Gbps、8Gbps
(ポートごとに最大28.05Gbpsまでの実伝送率)

QNAPファイバーチャンネル拡張カードは、QNAPアクセサリーストア から入手できます。

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »