Official ソフトウェア

QNAPはArchiware P5とPureに対応。機能の豊富なクラウド、テープ、無料のVMware VMバックアップを提供します

台湾 台北市/ドイツ ミュンヘン、2020年1月14日 – データ管理ソフトウェアのエキスパートであるQNAP® Systems, Inc.とArchiware®は、QNAP NASオペレーティングシステムQTS 4.4.1が最新のArchiware P5とPureソフトウェアに対応するようになったことを合同で発表しました。この一連の統合によって、メディアやエンターテイメント(M&E)および中小企業(SMB)を支援し、デジタルアセットとVMware®仮想マシンを知的かつ簡単に保護します。 

非常に期待されているサービスを組み込むことによって、最新のQTS 4.4.1はQNAP NASの使い勝手を向上しました。簡単に扱えるハイブリッドクラウドストレージのアプリケーション「クラウドストレージゲートウェイ」、バックアップと復元の効率を最適化するためのソースベースの重複排除、ファイバーチャネルSANソリューションなどが含まれます。ArchiwareのP5 Software Suiteによって、バックアップやアーカイブ、クローニングのためのプラットフォームにとらわれないデータ管理が可能になります。ブラウザベースのソフトウェアは現在、QTS 4.4.1で実行できるように最適化されており、データの保護と復元を行う4つの代表的なモジュール「P5 Synchronize」「P5 Backup」「P5 Backup2Go」「P5 Archive」から成ります。長期間のオフサイトでのデータ保護のため、P5 BackupとP5 Archiveはストレージターゲットオプションとして、LTOテープとパブリッククラウドへのデータバックアップに対応しています。P5 Archiveのmini-MAM機能により、アセットの検索と再利用が極めて簡単になっています。

仮想化は、現代的なITインフラの基本的なコンポーネントです。Archiware Pure 2.0と統合されたQNAP NASは、完璧なバックアップソリューションとなります。VMware仮想マシンはメンテナンスされ、安全なバックアップが行われるよう保証されます。Archiware Pureは無料のソフトウェアで、オプションで有料のテクニカルサポートが受けられます。中小企業は無料でVMware環境を保護し、仮想マシンのバックアップと復元を簡素化します。

「Archiware P5、Archiware Pure、QNAPを統合したデータ管理ソリューションは、確実なデータ保護機能と長期間のストレージを可能にしたことによって、顧客のデータ管理の性能を拡大しました。これは以前には大企業にしか利用できなかったものです。」とArchiwareのCEOであるJosef Doods氏は言いました。「LTOテープによるメディアアセットの長期間保存は、テラバイト(TB)あたり最も低価格かつ専門的で耐久性のあるソリューションです。ArchiwareとQNAPはより多くの顧客がアクセスできるようにして、メディアの作成と同じくらい容易に再利用、参照、マネタイゼーションのためにアセットを保存、タグ付け、検索ができるようにしています。」

「私たちはArchiwareとチームを組んで、あらゆる規模の組織にエンタープライズ級のバックアップおよび障害復旧能力を提供できることを嬉しく思います」とQNAPのゼネラルマネージャーMeiji Chang氏は言いました。「ファイルサイズは大きくなり、動画の解像度は向上し続け、企業が重要な制作物とオペレーションデータをVMに収納していくに従って、弊社とArchiwareとのパートナーシップがメディアファイルとVMware VMのバックアップと復元における問題をなくしていきます。」

QNAP NASでアーカイブソリューションを使用する方法についての詳細は、https://www.qnap.com/go/solution/qnap-archiware/をご覧ください。

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments