Official ニュースリリース

QNAP、Q’center(複数のNASのための集中管理プラットフォーム)をアップグレードして、ARMベースのNASとWindows Active Directoryに対応

台湾台北市2018年8月2日 – QNAP® Systems, Inc.は本日、Q’center v1.8をリリースしました。このアップグレードでは、ARMベースのNASモデルにホストサーバー機能だけでなく、権限とセキュリティ管理を強化するその他機能も追加されました。Q’centerは複数のQNAP NASの管理を強化する集中管理プラットフォームとして、IT管理者がより効率よく重要な決定を行うことを支援するため、迅速に完全な情報を提供します。

QNAPのプロダクトマネージャーであるRipple Wu氏は、「この新しいQ’centerは、ビジネスストレージ管理のセキュリティ管理の許可に焦点を合わせています。また、Q’centerのホストサーバーをARMベースのNASに使用できるようにし、中小企業がNAS集中管理システムを展開しやすくなります」と述べています。

Q’center v1.8により、QNAPの新しい64ビットのARMベースのNASモデルは、ホストサーバーとして機能することで、より高いコスト効率を実現することができます。物理的なQNAP NASシステムを管理することに加え、Q’centerホストサーバーは vQTS(仮想QTSオペレーティングシステム)を管理できるようになりました。IT管理者は複数のvQTSを集中的に展開・管理することで、vQTSからの観点を含め、統合NASを簡単に管理できます。

Q’center v1.8はWindows® Active Directoryと統合を追加し、複数のNASが簡単にWindows ADに追加できるようにしています。また、ドメインユーザーが同じWindows ADアカウント名とパスワードを使用し、ローカルネットワーク上の異なるQNAP NASに接続できるようになります。IT管理者は、さまざまなADアカウントの、より重要な他のタスクのために貴重な時間を節約することができます。

IT管理者はQ’centerを使用して、不正アクセスのアラートを設定できます。不正アクセスが検出された場合、Q’centerをすぐに使用して複数のNASシステムのユーザー名とパスワードを素早く変更できます。また、すべてのアクセスログを集中的に収集してNASデータセキュリティをより高度に制御できます。

Q’centerは、ビジネスストレージ環境のための完全なソリューションを提供します。これは現在と以前のNAS統計データのレポートを提供します。また、ファームウェア更新、アプリのインストール、共有フォルダ作成、複数のクライアントNASの権限設定を含め、複数のNASユニットを効率的に管理するためのユニバーサルかつ統合NAS設定を作成する機能を提供します。

入手について

Q’center v1.8は現在、QTS App Centerから入手できます。

Q’centerホストサーバー要件:

  • QTS 4.3.3(またはそれ以降)を搭載したQNAP NAS。
  • 対応モデル:x86ベースのNAS(IntelまたはAMDプロセッサ)、64ビットARMベースのNAS(TS-932X、TS-832X、TS-1635AX、TS-x32XUシリーズ)

この記事のオリジナルは、こちらからアクセスできます。

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »