VirtualizationStationのスナップショット管理について

  • このトピックには2件の返信、2人の参加者があり、最後にTwo0283two0283により2018/1/22 at 10:27に更新されました。
3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #1020
    Two0283two0283
    参加者

    はじめまして。

    私はプライベートでTS-253Proを運用しております。

    今回、容量不足のエラーが表示されたので確認したところ、VirtualizationStationで運用している仮想Linuxのスナップショットが溜まっていることが判明しました。

    VirtualizationStationのバックアップ機能でスナップショットを含めたバックアップを取得しており、それが原因で予想より遥かに多い容量が使われておりました。

    そこで、スナップショットの保持期間を設定したいのですが、設定を変更する場所が見当たりません。

    定期的に手動で削除してもよいのですが、自動のスケジューリングが出来たほうが助かるので、どなたか方法を教えていただけないでしょうか。

    宜しくお願い致します。

     

    当方環境

    TS-253Pro

    QTS4.3.4

    VirtualizationStation3.0

    不足している情報がありましたら教えてください。

    #1037
    AdminAdmin
    キーマスター

    two0283さん

    VirtualizationStationのバックアップ機能の設定のところで、保持オプションは設定されていますか?
    こちらで指定した数以上のバックアップは保持されませんので、スケジュールと併せて保持期間をコントロールすることは可能かと思います。お試しください。

    #1041
    Two0283two0283
    参加者

    Admin 様

    ご返答誠に有難う御座います。

    VirtualizationStationのバックアップ機能にある保持設定は使っており、USB接続のHDDに毎週末バックアップを取得しています。

    保持期間を設定しますと、外付けHDDに保存されるバックアップごとのフォルダ数は反映するのですが、スナップショットは反映しません。

    スナップショットの説明欄には、「This snapshot is generated automatically for the backup task 」と表示されるので、バックアップジョブが実行される度に自動生成されるようです。

    スナップショットへの保持期間の反映が出来れば助かるのですが。

     

    説明が下手で申し訳ございません。不明な点が有りましたらご指摘下さい。

     

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。