Official ニュースリリース

QNAP、単一フォルダのスナップショットと復元のパフォーマンスを90%アップさせる「スナップショット共有フォルダ」を発表

台湾台北市 2017年5月3日– スナップショットは、データのバックアップおよびリカバリを可能にすることでデータストレージにおいて重要な役割を果たしています。QNAP® Systems, Inc.は、既存のボリュームベースのスナップショット機能とともに「スナップショット共有フォルダ」メカニズムを加えることで、QTS 4.3.3 (QNAP NASオペレーティングシステム) のスナップショット機能を強化しました。

従来型のボリュームベースのスナップショットを使用することで、ユーザーは簡単にボリューム上の共有フォルダ全てにスナップショットを作成し、数分でボリューム全体を復元することが可能です。ただし、この方法には指定の共有フォルダの復元により多くの時間が必要でした。QNAPは、スナップショット共有フォルダを導入し、単一ボリュームにおける単一の共有フォルダのみを含めることで、単一フォルダの復元時間をわずか数秒にまで短縮しています。

QNAPが行ったテストでは、300GBの共有フォルダの復元に費やした時間は30分ほどでしたが、スナップショット共有フォルダからの同じ共有フォルダの復元にかかった時間はわずか3分でした。「このテストでは、スナップショット共有フォルダが、より高速な復元を必要とする共同プロジェクトまたはバックアップのデータの処理に、より適していることを示しています」と、QNAPプロダクト・マネージャーのRipple Wuは語ります。

スナップショットは、バックアップや復元の近代的なソリューションを近代ビジネスにもたらすことから、NASデータ保護には不可欠です。スナップショットは、ランサムウェアの上昇し続ける脅威を考慮すると、頼れるデータ保存方法でもあります。QNAPは、スナップショットの管理を絶えず改善することを目指しています。これには、スナップショット作成に対してFile StationでのSnapshot Managerを開始する機能を加えることや、スナップショット概要を使用してコンテンツの差異を識別することが含まれます。

スナップショット共有フォルダのシステム要件:

  1. QTS 4.3.3 (またはそれ以降)
  2. 最低4GB RAMを搭載した QNAP NAS
  3. サポートされるモデル:TS-x51、TS-x53、TVS-x63、TVS-x70、TVS-x71、TVS-x73、TS/SS-x79、TVS-x80、TVS-x82、TES-x85 および TDS-x89

オリジナルの記事は、こちらからアクセスできます。

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »