Official ニュースリリース

QNAP Cinder DriverはOpenStack Ocataをサポートし、ブロックストレージとスナップショットを提供します

台北 (台湾)、2017年2月15日 – QNAP® Systems, Inc.は、本日、QNAP Cinder Driverが近日登場予定の「Ocata」バージョンをサポートすることが OpenStack® により検証されたと発表しました。企業は、そのOpenStack環境をサポートするブロックストレージとしてQNAP NASを簡単に構成し、費用対効果の高いハイブリッドクラウドソリューションを構築することができます。

「OpenStack Cinder Driverをサポートすることにより、QNAPのエンタープライズグレードNASは、OpenStackエコシステムに統合されます。これにより、企業は、柔軟で、使いやすく、低コストなストレージソリューションを提供することができます。」と、QNAPのプロダクトマネージャーであるWaterball Liuは述べています。

QNAP Cinder Driverを用いることにより、ユーザーは、簡単にQNAP NASをOpenStackに実装し、高可用性とオンサイトデータ用の安全なストレージを獲得することができます。また同時に、必要がある時にデータリカバリ用のスナップショットを用いて、仮想マシンのデータを保護することができます。

QNAPは、OpenStackストレージの提供には高性能エンタープライズNASモデルのEnterprise ZFS NASを推奨します。 これは、デュアルActive-ActiveコントローラとQESオペレーティングシステムを装備し、高可用性、ほぼ無制限なスナップショット、データ重複除外および圧縮機能をサポートします。

OpenStack Ocataは、2017年2月22日リリースを予定しています。

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »